高根沢のスイーツ

小さなお菓子屋さん「ポルボロン」

ポルボロン

高根沢町にある小さなお菓子屋「ポルボロン」さん。

場所は御料牧場の近くですが、
ちょっと分かりづらいところにあります。


白楊高校の農場の手前を左折、下り坂になる途中にあります。

看板とともに、敷地内にあるかわいい小屋が目印です。

 


お店の中には、クッキーやマフィンなどの焼き菓子と季節のケーキが並びます。


一緒にお菓子合うジャムや、コーヒーのドリップパックも販売しています。

コーヒーとお菓子をセットで売ってることもあるので、
ちょっとしたギフトにもぴったりです。

おすすめは、地元の旬の野菜や果物を使った季節のお菓子。


冬は、高根沢町のロングファームさんのイチゴをつかった「いちごタルト」。

 

ポルボロン
夏場はブルーベリー入りの「プリンパフェ」。
こちらはテイクアウトでいただきました。

ポルボロン
コーヒーフロートも飲めたりします。

そもそも、お店の名前の由来にもなっている
「ポルボロン」とは、スペインの郷土菓子の一つだそうです。


店主さんがお菓子作りの楽しさを発見したのが、このお菓子だったそうな。

ポルボロン
定番商品でもある「ポルボロン」 は、かわいい小箱に入って売られています。

ポルボロン
スペインのアンダルシア地方の修道院で1200年前に生まれたという、この伝統菓子。

口に入れて溶ける前に

「ポルボロン、ポルボロン、ポルボロン」

と3回唱えられると、願いが叶うとか・・。

ポルボロン
いざ口にいれると、ホロホロホロ〜〜・・と
クッキーとは思えないぐらいあっという間に溶けていってしまいます。

“絹の口溶け”とも称されるその食感は、ぜひ食べて感じてみてください。

最近の新作はこちら。

米粉のショートブレット
高根沢町産米粉を使った「米粉のショートブレット」。

ショートブレッドとは、スコットランドの伝統的な菓子で、
サクサクとしたクッキーのことです。

甘さ控えめなので、いちごジャムなどをかけていただいても良いそうですが、
このままでもシンプルな味でおいしかったですよ。

今後も世界の郷土菓子や、
地元の素材や季節の食材を使った新しいお菓子など・・
いろいろ増えていく予感。

行く度に新しい発見ができる楽しいお菓子屋さんです。

営業日時は、お店のInstagramをチェックしてみてください。

それとポルボロンさんのお菓子は、
「道の駅たかねざわ 元気あっぷむら」の直売所や、
農産物移動販売 ヴェッキオKトラム」でも購入することができます。

 

店舗情報

○Polvoron (ポルボロン)
栃木県塩谷郡高根沢町石末502−2
Instagram

 

管理人
ひばらさん
ひばらさん
「たかマガ」管理人。 栃木県高根沢町でグラフィックデザイナーをしています。栃木探訪をしているブログもやってます。趣味はB級スポット巡り、ゆるキャラ、コーヒー、ブログ、ラジオを聞くこと。2人の女児がおります。
\ Follow me /