高根沢の遊び場

たかねざわ&近郊のプール・水遊び場スポット2022(7/26更新)

たかねざわ&近郊のプール・水遊び場スポット2022今年の梅雨はあっという間に明けてしまい、連日猛暑の日々が続いていますね。

こうなると、恋しくなるのがプール。

ということで、今回は「プール・水遊び場スポット」をご紹介します。

高根沢や近郊でおでかけできるプールや水遊びできる公園、アクティビティ、涼めるスポットなどを紹介します。

まだまだコロナ禍なので、情報の変動はあると思われます。
情報も随時追加したいと思いますので、情報もメールでお待ちしています。

更新情報

・県なかがわ水遊園「水の広場」(大田原市)、那須野が原ファミリープールの情報更新(7/26更新)
・芳賀町B&G海洋センター、市貝町役場「せせらぎ水路」、宇都宮市水上公園 追加(7/15更新)
・県なかがわ水遊園「水の広場」(大田原市)7/16㈯→7/9㈯オープンに前倒し。節電のため、噴水・流れ設備の運行なし。(7/7更新)

高根沢町

鬼怒グリーンパーク 宝積寺エリア

鬼怒グリーンパーク高根沢町で水遊びできるスポットといえば、「鬼怒グリーンパーク」。
鬼怒川の河川敷にあり、「水とのふれあい」をテーマとした広大な公園です。

① 水上アスレチック

鬼怒グリーンパーク宝積寺水濡れ覚悟で遊べる水上アスレチックは、TBSの朝番組「ラヴィット!」のラヴィットランキングコーナー「家族で行きたいユニークな公園」で、トップ3に取り上げられるぐらい、「厳選した専門家はSASUKE感がある!」との高評価を得ました。

鬼怒グリーンパーク
ラヴィットで「鬼怒グリーンパーク」水上アスレチックが取り上げられましたTBSの朝の情報(大喜利?)番組「ラヴィット!」で、今朝(4/7放送)「鬼怒グリーンパーク」にある水上アスレチックが取り上げらていました...
鬼怒グリーンパーク

子どもたちは裸足でやっている子が多いかも?

気になる方は、ウォーターシューズなど濡れてもよい靴を持っていくといいかもしれません。そして着替えもね。

アスレチック内は、日かげが少ないので、帽子と飲み物もお忘れなく!

利用できるのは小学生以上で、小中学生150円 高校生以上は300円です。
※施設内が200人になると、入場制限になる場合があります。

② 急流下り

グリーンパークにはそのほかにも、無料で遊べる水遊び場もあります。

鬼怒グリーンパーク
こちらは、水上アスレチックの南側にある急流下りのエリア。
無料で遊べる水遊び場です。

鬼怒グリーンパーク
「急流下り」という名前ですが、ボートに乗って激流を下る・・わけではなく、水着を着て、小さな子どもでも水遊びができるエリアとなっております。

鬼怒川から引き入れている流水なので、とっても水が冷たいです。

ボート池に至るせせらぐ川は、浅めですが、下の石がヌルヌルしているところもあるので、歩く時はご注意ください。

鬼怒グリーンパーク
大きな岩もあるので、ご利用は、必ず保護者監視のもとで。

ちなみに下は砂場になっており、一番深いところでも大人の膝下ぐらいでしょうか。

トイレも近くにあるので、親子連れで楽しく遊べる場所です。

③ ちびっこプール

ちびっこプール
そして7月15日からは、ちびっこプールもオープンします。
(※先日行った時は、まだ水が入っておりませんでした・・^^;)

ちびっこプールは毎週木曜日は清掃のため、お休みです。

鬼怒グリーンパーク
園内には自動販売機のほか、エントランス広場には、週末を中心にキッチンカーなども出店しています。この日はかき氷や「高根沢ちゃんぽん」が出店していましたよ。

施設情報

○鬼怒グリーンパーク宝積寺
栃木県塩谷郡高根沢町宝積寺86−1

公式サイト

さくら市

鬼怒川河川公園(氏家ゆうゆうパーク)

氏家ゆうゆうパーク鬼怒川河川公園は「ゆうゆうパーク」という愛称で親しまれており、旧・氏家町政100周年記念事業として、鬼怒川の河川敷を利用してつくられた水とふれあえる公園です。

春の桜づつみが有名な公園ですが、公園内には大型遊具やドッグラン、大池に至る小川やじゃぶじゃぶ池などがあります。

氏家ゆうゆうパーク
深さはあまりないですが、川の水なので足を入れるだけでも冷たいです。

池には小魚やオタマジャクシなどが生息しているので、網を持ってきてつかまえたりして遊んでいる子どもたちも多いです。

こちらも無料で利用できます。

池や遊具の近くにはトイレがありませんので、お子さんは駐車場横の管理棟にあるトイレを済ませてから遊びに行きましょう。

施設情報

○鬼怒川河川公園(氏家ゆうゆうパーク)
栃木県さくら市氏家1317
公式サイト

さくら市水辺公園(荒川水辺公園)

さくら市水辺公園道の駅きつれがわに隣接する荒川河川敷にある公園です。

さくら市水辺公園大型遊具のほか、荒川を引き入れた浅くて遊べる水辺とじゃぶじゃぶ池があります。
じゃぶじゃぶ池は無料です。

「鮎の生産量が東日本で日本一」の喜連川、以前はここで「鮎まつり」などが行われ、この池で鮎のつかみ取りなども行われておりました(コロナでしばらく中止になっています)。

階段の上には、鮎やかき氷も売っている売店「鮎小屋」もあり、焼きたての鮎を食べることができます。

施設情報

○さくら市水辺公園(荒川水辺公園)
栃木県さくら市喜連川
公式サイト

喜連川B&G海洋センター

今年は県民限定で、9月30日(金)まで開場しています。
利用時間は1人2時間まで。利用人数は各回30名までです。
料金は中学生以下・シルバーは200円、大人(高校生以上)は400円 です。

月曜休館です。

施設情報

○喜連川B&G海洋センター
栃木県さくら市喜連川826−2
公式サイト
市ホームページ

【休止中】道の駅きつれがわ クアハウス

6月に発生した火災の影響により、本館施設(温泉・クアハウス)の復旧の見込みがたっていません。(詳しくは同駅ホームページ

【休場】さくら市総合公園プール

新型コロナの影響で、令和4年度は休場となりました。
(詳しくは市ホームページ

那須烏山市

南那須B&G海洋センター

今年は、7月1日(金)から9月25日(日)まで開館しています。

料金は中学生以下は150円、高校生以上は300円 です。

月曜休館で、9/3は市水泳大会のため臨時休館です。

施設情報

○南那須B&G海洋センター
栃木県那須烏山市岩子170
公式サイト
市ホームページ

芳賀町

芳賀町B&G海洋センター

今年7月1日からリニューアルオープン。
料金は幼児が110円、小中生が160円、高校生は340円、大人は410円、65歳以上は270円。
月曜、メンテナンス日は休館です。

施設情報

○芳賀町B&G海洋センター
栃木県芳賀郡芳賀町与能1140
公式サイト
Facebook

市貝町

市貝町役場「せせらぎ水路」

市貝町役場 せせらぎ水路市貝町役場横に整備されている「せせらぎ水路」。
長さ約50メートルほどの水路は、小さい子も遊べる浅めの水遊び場です。

「道の駅 サシバの里いちかい」にも隣接しているので、 おでかけついでにも利用できそうですね。

施設情報

○市貝町役場 せせらぎ水路
栃木県芳賀郡市貝町市塙1280

大田原市

栃木県なかがわ水遊園「水の広場」

県なかがわ水遊園の屋外にある「水の広場」が新型コロナもあったので、3年ぶりにオープンしました。

なかがわ水遊園 水の広場2022年7月撮影

無料で利用できる水遊び場で、浅いので小さいお子さんも遊べます。

特に更衣室などはないので、テントやサンシェードを持ってきているファミリーが多い印象です。

なかがわ水遊園 水の広場流水は運休(2022年7月撮影)


今年は節電のため、噴水・流れ設備の運行はしていません。

オープンは7月9日(土) 〜9月25日(日)までの予定です。

施設情報

○栃木県なかがわ水遊園
栃木県大田原市佐良土2686
公式サイト

宇都宮市

宇都宮動物園プール

宇都宮動物園プール2020年の様子

レトロな動物園「宇都宮動物園」にある、その名も「日本で一番すいてるかもしれないプール」。7月2日(土) からすでにオープン中です。

意外とスピードが出るウォータースライダーや、流れてないようで流れている(?)流れるプールなど、併設の動物園&遊園地を併せて楽しんでみては。

宇都宮動物園プール
小さいお子さん用に浅めのエリアもあります。

8月14日(日)は「Miya Zoo Music Fes 2022」を開催予定。プールサイドでハワイアン音楽が楽しめます。

プール料金は子ども350円、大人700円(動物園は別途入場料)。
7月18日までは土日のみ営業、7月23日〜8月31日は毎日オープン予定です。

施設情報

○宇都宮動物園プール
栃木県宇都宮市上金井町552-2
公式サイト

ドリームプールかわち

ドリームプールかわち宇都宮市の河内総合運動公園内にある屋内の温水プール。1年を通して営業しています。

競技用の25mプールのほか、ウォータースライダー、流水プール(流れるプール)、子供プール、幼児プールがあります。

料金は1人2時間までで、子どもが250円、大人が510円です。

競技などで使われるプールもあるからか、ルールがちょっと厳しめ。場内は飲食物の持ち込みが禁止、入る時は必ず帽子を着用、浮き輪は禁止、場内でのビデオ・カメラ撮影は禁止、付添い(保護者)は必ず一緒に入水しないといけない・・など利用の規則があります。

また、今年は感染防止対策として、入場者の上限を300人に設定。夏季期間中の混雑時は、午前9時から順番券の配布や、分散入場などのルールもあるそうです。

おでかけの際は事前にホームページをご確認を。

施設情報

○ドリームプールかわち
栃木県宇都宮市白沢町1791−3
公式サイト

宇都宮市 水上公園

宇都宮市 水上公園宇都宮市の競輪場通り沿いにある公園。再整備し、昨年オープン。

園内には小さい子が遊べる流水施設があります。
今年は7/16(土)〜9/4(日)稼働予定です。

施設情報

○宇都宮市 水上公園
栃木県宇都宮市錦3丁目1100−3
公式サイト

その他、宇都宮市内の公園流水施設の情報はこちら(市ホームページ)

真岡市

井頭公園 一万人プール

昨年の様子

その名をとおり、“1万人”が遊べる、県内最大のプール。通称「マンプー」。

巨大な流水プールや、2本立てのウォータースライダー、波のプール、エアースライダーなど7つのプールが楽しめます。

一万人プール

流れるプールの内側にあるのが、子ども用のじゃぶじゃぶ池。

とちまるくんの大きなバケツに、一定量の水がたまると「ドバーーー!」と水が落ちてくる人気のスポットです。

今シーズンは、7月15日(金)~8月31日(水)オープン予定です。

入場は平日はセブンチケットでの前売りのほか、現地窓口で当日券もありますが、土曜、日曜、祝日およびお盆シーズンは、日付指定の「セブンイレブンチケット」でしか入場できないのでご注意を。

料金は3歳以上が160〜300円、小中生・シニアが400〜500円、高校生以上が1040〜1400円で、混雑日と通常日、入場する時間帯などで異なります。

別途、駐車料金などもありますので、詳しくはホームページで事前にご確認を。

一万人プール昨年の様子

さらに、7月9日(土)、10日(日)の2日間、「波のプール」、「ちびっこプール」の2か所が利用できる「特別先行オープン」があります。

特別先行オープンの料金は、未就学児は無料、小中生・シニアは200円、高校生以上は500円で、駐車料金は無料です。こちらはチケット現地販売のみです。

施設情報

○井頭公園 一万人プール
栃木県真岡市下籠谷99
公式サイト

那須塩原市

那須野が原公園ファミリープール

那須野が原公園ファミリープール

那須野が原公園に夏季限定でオープンする屋外プール。
今年は7月21日~8月21日オープン予定です。

流水プールやウォータースライダー、子どもプールなどがあります。

県北エリアにあるからか、水温も冷たいです(体感的に)。

那須野が原公園ファミリープール一万人プールと比べると、比較的空いているので、穴場的スポットでもあります。

「一万人プールはまだちょっと広すぎるかな?」という小さなお子さんのいるご家族向けでもある、まさに「ファミリープール」です。路面がザラザラしている部分があるので、小さい子などは、走って転んだりしないように注意してくださいね。

那須野が原ファミリープール料金は幼児が200円、小中生・シニアが500円、高校生以上が1400円です。
今シーズンは、料金は栃木県在住・通学者の小中学生・幼児は入場料無料だそうです。
※住所が確認できるものをお忘れなく。(7/26更新)

7/31(日)は「フラダンスショー」のイベントもあるそうです。

施設情報

○那須野が原公園 ファミリープール
栃木県那須塩原市千本松801-3
公式サイト

管理人
ひばらさん
ひばらさん
「たかマガ」管理人。 栃木県高根沢町でグラフィックデザイナーをしています。栃木探訪をしているブログもやってます。趣味はB級スポット巡り、ゆるキャラ、コーヒー、ブログ、ラジオを聞くこと。2人の女児がおります。
\ Follow me /