高根沢の社寺仏閣・史跡

たかねざわ史跡巡り〜お城編(1)桑窪城跡

ひばらさん
ひばらさん
今回は高根沢町の城跡を紹介するよ
ぱんだまん
ぱんだまん
高根沢にお城なんてあったっけ?

高根沢町には3か所の城跡があります。

その3つは、
宝積寺エリアの宝積寺駅北側にある「阿久津城跡」、
上高根沢エリアにある「高根沢城跡」、
桑窪エリアにある「桑久保(桑窪)城跡」です。

今回は、最も残りの良い桑窪城跡から先にご紹介したいと思います。

 

高根沢町の右下のほうにある「桑窪城跡」

桑窪城跡の場所は、高根沢町桑窪(くわくぼ)にあります。

桑窪城

「道の駅たかねざわ 元気あっぷむら」から芳賀町方面へ南下すること約5分、
徳明寺というお寺を過ぎたところに、道路沿いに案内板が立っています。

桑窪城畑の間の細道を上がっていくと、キレイな花壇が。

その先の小高い場所に看板と石碑が立っています。

桑窪城
周りにはテーブルが整備されており、ちょっとしたピクニックエリアになっています。

桑窪城木には巣箱があったり、

桑窪城
なぜかブランコもある・・^^;

桑窪城
この辺りは「くわくぼの花と緑の里づくり」として整備されているところらしい。

桑窪城
終わりかけでしたが、桜も咲いてました。

隠れた花見スポットだったので、来年は満開の頃、来てみよう。

桑窪城
「史跡 桑窪城跡」の石碑と横に、詳しい案内板もあります。

桑窪城
築城は鎌倉時代初期の建久年間(1190〜1199)頃。
桑窪修理助秀春か、矢口(谷口)筑前守が築いたとされています。

稲毛田城(芳賀町)の支城と伝わり、
城主の谷口氏は在地の土豪で、戦国時代末には宇都宮氏に属し、
桑窪城は、那須氏に対抗する最前線の拠点だったといわれています。
※その土地の豪族。地方の勢力家。

桑窪城喜連川丘陵の南端部であるこの場所は、
城の北側の尾根続きの部分を堀で遮断して、四方に堀を巡らし、
城の東西は自然の崖となっています。

残っているのは、南側と北側にある虎口、
四方を土塁と堀に囲まれた主郭、北側の虎口には櫓台?とされる高台など。

桑窪城
が、ここの特長はなんといっても、この耕されている主郭でありましょう。

農耕機の跡がある^^;

土がふかふかしているので、ここは歩けません。

桑窪城
なので、四方を囲む土塁の部分をぐるっと1周してみました。

桑窪城
堀のような跡が確認できますね。

桑窪城櫓台?と思われるところに到着。

桑窪城
こちらには比較的新しめの祠が祭られていました。

桑窪城

しかしこの城跡・・畑として利用されているのかなぁ?
ただ耕してあるだけなのかな?

何かが育つのか、また違う季節に確認しにきたいと思います。

スポット情報

○桑久保(桑窪)城跡
栃木県塩谷郡高根沢町桑窪

管理人
ひばらさん
ひばらさん
「たかマガ」管理人。 栃木県高根沢町でグラフィックデザイナーをしています。栃木探訪をしているブログもやってます。趣味はB級スポット巡り、ゆるキャラ、コーヒー、ブログ、ラジオを聞くこと。2人の女児がおります。
\ Follow me /
関連記事