たかねざわってどんなとこ?

たかねざわってどんなとこ?

たかねざわってどんなとこ?

高根沢町の位置

高根沢町(たかねざわまち)は、
栃木県のほぼ中央に位置し、県都・宇都宮市の隣にある町です。
栃木県の塩谷郡(しおやぐん)に属しています。高根沢町の位置
平地が多く、田園が広がるのんびりのどかな町です。
住宅街が多い中心街の宝積寺エリアには、
宝積寺パイパス沿いに商業施設やスーパーが建ち並んでいます。

周りの宇都宮市、さくら市、芳賀町などに通勤する人も多く、
田舎すぎず、都会過ぎず、そこそこ住みよい町です。

高根沢町の交通

高根沢町には国道4号とJR東北本線(宇都宮線)が縦断しています。

[map addr=”栃木県高根沢町” height=”800px” zoom=”14″]

電車、新幹線で来る場合は、東北新幹線でJR宇都宮駅下車。
JR宇都宮駅から東北本線(宇都宮線)「下り」黒磯行きへ乗車し、
2つ目の「JR宝積寺(ほうしゃくじ)駅」下車。
東京駅からは約70分です。

東京駅  → =東北新幹線= → 宇都宮駅(のりかえ)
宇都宮駅(下り) → =JR宇都宮線= → 岡本駅 → 宝積寺駅

宝積寺駅からは、那須烏山市の烏山駅まで、JR烏山線が通っています。

沿線には「宝積寺」や「大金(おおがね)」という縁起の良いとされる名前の駅があり、「七福神」をキャラクターとして、各駅に各七福神のキャラクターを割り当てて、
各駅の看板が整備してあります。

七福神
以前は車両が気動車(ディーゼル)でしたが、2014年から、蓄電池駆動電車(EV-E301系・通称「ACCUM(アキュム)」)が運行されるようになり、2017年からは全列車がアキュムでの運行に統一されています。

EV-E301系「ACCUM(アキュム)」EV-E301系「ACCUM(アキュム)」

車で来る場合は、
東北自動車道を宇都宮ICで下りて、国道4号を黒磯方面へ。
鬼怒川を渡ってすぐの分岐点を右へ直進すると高根沢町です。

北関東自動車道宇都宮上三川ICで下りて、
国道4号バイパス、国道408号を経由しても高根沢町に来られます。

高根沢町の魅力・見どころ

ちょっ蔵広場ちょっ蔵広場

建築家として世界的に有名な隈研吾氏が手掛けた
「宝積寺駅舎」や、「ちょっ蔵広場」があり、
町の象徴的な建物として人気のスポットになっています。

宝積寺駅舎宝積寺駅舎
Takanezawa Trailers BaseTakanezawa Trailers Base

令和2年4月にグランピング施設「Takanezawa Trailers Base(タカネザワ トレーラーズ ベース)」を併設した「道の駅たかねざわ 元気あっぷむら」がオープンしました。

高根沢町には、皇室の台所「宮内庁御料牧場」があります。
お米、野菜などおいしくて安全安心な農産物がたくさん生産されています。

平成31年、皇太子さまが新天皇に即位されるのに伴う「大嘗祭」の献上米として、高根沢町産「とちぎの星」が選ばれました。