高根沢の社寺仏閣・史跡

宝積寺の御幸坂下にある「雨っぷり地蔵」

雨っぷり地蔵

「社会」の授業では、小学3年生から地元について学び始めますよね。

高根沢町では、「わたしたちの高根沢町と栃木県」という
教科書(社会科副読本)をもとに勉強しています。

わたしたちの高根沢町と栃木県
ということで、娘の教科書をちょいと拝借。

読んでみると、まだまだ知らないことが書いてあったりします。
「古くからのこるたて物」のページには、知らないスポットが載ってました。

わたしたちの高根沢町と栃木県
↑雨っぷり地蔵

というもの。

これは、実物を確認しておこうと、実際の場所に探しに行ってみました。

雨っぷり地蔵

阿小の近くを車でグルグルすること少々…
あのお堂かな? と思ったら、逆サイドの道ばたにありました。

雨っぷり地蔵

阿小に行く途中の、坂のふもとにお地蔵さんを発見しました。

雨っぷり地蔵

これが、雨っぷり地蔵さま(3人組?)。

案内板でもあるのかとちょっと期待して見に行ったんですが、何も無し。

名前の看板すらなし。

(ちなみにお地蔵さんの上の看板は、崖の工事の施工看板です)

この辺は田園地帯なので、昔、日照りや干ばつが続いた時に
このお地蔵さんに祈って、雨が降った…的ないわれがたぶんあると推測されますが。

ということで、ネット検索したら、「高根沢町史」に文献がありました。

っぷり地蔵

宝積寺の御幸坂下にある。雨が降らないときには雨っぷり地蔵に雨乞いの願をかける。
日照りが何日も続くときは、雨っぷり地蔵を運び出してそばの小川に入れ、雨が降るように祈った。
雨っぷり地蔵をそのまま川の中に入れておくと、雨が降るという。
すると地蔵をもとの場所に戻してだんごを供えて念仏をあげた。
雨乞いは昭和二〇年ごろまで行われた。
祭りの地蔵講は一月二四日・八月二四日に行われる。

出典:「高根沢町史 民俗編  第五章 信仰  第六節 村の中のさまざまな神仏」より

昭和20年頃まで、雨乞いは行われていたんですね。

特に雨乞いしたわけではないのですが、訪れた日とその次の日、すごい雨が降りました。

スポット情報

○雨っぷり地蔵
栃木県塩谷郡高根沢町宝積寺(下宝積寺交差点近く、阿久津小に上がる坂のふもと)

管理人
ひばらさん
ひばらさん
「たかマガ」管理人。 栃木県高根沢町でグラフィックデザイナーをしています。栃木探訪をしているブログもやってます。趣味はB級スポット巡り、ゆるキャラ、コーヒー、ブログ、ラジオを聞くこと。2人の女児がおります。
\ Follow me /